会社案内

  1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 沿革

沿革

1935年(昭和10年) 3月 北九州市八幡西区黒崎にて、小椋正高氏により小椋商店として創業
1951年(昭和26年) 10月 小椋金属株式会社設立
1955年(昭和30年) 4月 井関農機株式会社熊本工場内に、当社熊本工場(熊本市健軍)新設
1958年(昭和33年) 4月 本社工場を、北九州市八幡西区則松へ移転
1970年(昭和45年) 3月 旭鋼板工業(株)と合併し、チクシ鋼板株式会社設立と同時に福岡工場(福岡市比恵)を新設
1974年(昭和49年) 4月 飯塚工場(福岡県飯塚市穂波町)新設
1975年(昭和50年) 9月 井関農機株式会社熊本工場移転に伴い、当社熊本工場移転(熊本県上益城郡益城町)
1976年(昭和51年) 6月 横浜輸送(株)との共同出資により、株式会社九州鉄鋼センター設立(京都郡苅田町)
1977年(昭和52年) 12月 飯塚工場を閉鎖
1979年(昭和54年) 10月 伊藤忠商事株式会社100%出資会社となり、チクシ鋼板加工株式会社に社名変更
1979年(昭和54年) 12月 福岡工場を福岡営業所・熊本工場を熊本出張所に改称
井関農機株式会社松山工場内に、松山出張所(愛媛県松山市)を新設
株式会社九州鉄鋼センターとの資本関係解消
1980年(昭和55年) 6月 福岡営業所を閉鎖
1985年(昭和60年) 4月 愛媛鋼板加工株式会社(愛媛県松山市)を設立し、同社内に松山出張所を移転
1987年(昭和62年) 8月 熊本出張所を、有限会社熊本鋼板内(熊本市戸島町)へ移転
1990年(平成2年) 10月 本社工場を、遠賀郡水巻町猪熊へ移転
大型レベラー(1号)・大型スリッター・ミニレベラー増設
1992年(平成4年) 4月 愛媛鋼板加工株式会社を吸収合併し、松山工場として操業開始
1995年(平成7年) 8月 松山工場移転(伊予郡松前町)
1999年(平成11年) 12月 有限会社熊本鋼板を吸収合併し、熊本工場として操業開始
2001年(平成13年) 10月 伊藤忠商事(株)・丸紅(株)の鉄鋼部門統合により、伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社100%事業会社となる
2002年(平成14年) 11月 ISO9001:2000 認証取得
2004年(平成16年) 11月 大型レベラー2号 更新
2006年(平成18年) 10月 トラックスケール設置(本社工場)
2007年(平成19年) 2月 ISO14001:2004 認証取得
2009年(平成21年) 1月 新倉庫増設(本社工場)
2010年(平成22年) 10月 松山工場を松山センター・熊本工場を熊本センターへ改称
2011年(平成23年) 4月 熊本センター閉鎖及び全設備を本社へ移設
2012年(平成24年) 4月 紅忠コイルセンター九州株式会社に社名変更
2018年(平成30年) 4月 紅忠コイルセンターホールディングス株式会社設立と同時に、株主が伊藤忠丸紅 鉄鋼株式会社から変更となる(紅忠コイルセンターホールディングス株式会社100%子会社となる)
2019年(平成31年) 1月 ダウンシャーを増設
ページの先頭へ